Calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
Recent Trackbacks
« 2014年11月 | Main | 2015年4月 »
プロレスは死合ではなく、興行である。
スポーツコラム / KOJI(qtdreamjp)
プロレスは死合ではなく、興行である。


2/22に女子プロレス団体「スターダム」の看板タイトルであるワールド・オブ・スターダムのタイトルマッチが行われたが、この試合はプロレスの試合ではなく、ストリートファイトのような殴り合いの凄惨な試合となってしまった。
元々、プロレスは格闘技の中でも、興行の要素が色濃くでる格闘技で、相手が仕掛けてくる技をいかに受けきって、最後に自分の必殺技で勝利を収めるかを競う格闘技である。
また、アメリカのプロレス団体WWEの前身が株式市場に上場する際にギミックが存在し、ストーリーもあることが公然となり、噂の域であったことが現実であると明らかになった。観客はそれを理解したうえで、格闘技色の強い試合を見たり、大技の連発、空中殺法の連発など華麗な技に酔いしれる試合を見たりして楽しんでいる。
とりわけ、女子プロレスに関しては、近年では、かつてのように体の大きい女子だけではなく、ルックするもそこそこ、綺麗であったり、可愛いルックスのレスラーも増えてきて、一見、華奢に見えるレスラーも多く、タレントと兼業している者も多くなってきている。
そのうえで、女子プロレスの試合の中で繰り出される技も、近年、目覚ましく、高度化して、危険度が増してきているために怪我が絶えないこともしばしばである。
そして、今回、行われた試合であるが、その今までの魅せる試合というよりも、リング上で行われているストリートファイトに近い内容であった。顔面の殴り合いで安川惡斗選手の顔面が見るも無残な状態になった試合である。
この試合は、看板タイトルであるワールド・オブ・スターダム選手権試合で、かつて、女子プロレスの雄であった全日本女子プロレスが管理していた赤ベルト「WWWA世界女子王座」をモチーフに創設され、初代チャンピオンがそのWWWA世界女子の最後の保持者であった高橋奈苗であった。
その後、3回ほど王座移動がおこり、美人系レスラーの多いスターダムの中で異彩を放つ存在の世Ⅳ虎が第4代王者として、挑戦者に第3代、第5代ワンダー・オブ・スターダム選手権者の安川惡斗を迎えて、行われたのである。
この試合結果を受けて、スターダム内において再発防止策をまとめられ、そして、王者である世Ⅳ虎に対しては王座はく奪と無期限出場停止処分が課され、団体代表とGM、選手代表がそれぞれ、減給処分などの処分が発表された。
この試合を見る限り、プロレスラーとしての2人には個人的な私怨が仇となって、引き起こされてしまった喧嘩にしか見えないし、多くの人がプロレスではないと認識できる状態であったと思う。この試合をさばいたレフェリーは厳格なレフェリングで定評のある和田恭平レフェリーで、この試合中も再三にわたり、制止をしていたが、特にチャンピオンはその制止や警告を聞き入れていなかったようである。
顔面をひどく、骨折した安川選手は、長期欠場を余儀なくされると思われるが、本人は復帰を切望しており、復帰してくることを心より願うだけである。
プロレスの試合の中では、ボクシングのような正拳、いわゆるグーパンチはいかなる場合でも、反則になるのだが、プロレス特有の5カウントルールがあり、このカウント内であれば、警告は受けるものの、反則をしようと思えば、できてしまうのである。
だが、このルールがあるからこそ、ヒールが目立ち、ヒールにやられ、劣勢に立たされているベビーフェイスが反撃し、勝つという勧善懲悪なストーリーがよく受けるのである。これがなければ、他の格闘技と変わらないし、プロレスではなく、総合格闘技に変貌してしまうことになる。
だからこそ、このルールを活かしつつ、今回のような顔面殴打による大けがを防ぐかの運用ルールが望まれるのではないだろうか。プロレスは試合であると同時にエンターテイメントでもある。そこを忘れない防止策を出してくることを望む。
また、この試合で両選手には大きな心の傷がついてしまったことは間違いないであろう。メンタル面でのケアをしっかりと、この試合を両者が乗り越えてこそ、真のプロレスラーに近づけるのではないかと思う。


【凄惨マッチ】心身衰弱の世IV虎 去就どうなる

http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/371416/
Category : スポーツコラム, 心のコラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
シャリーアによる法支配とイスラム社会の近代化を手伝え
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
シャリーアによる法支配とイスラム社会の近代化を手伝え

「イスラム国」を自称する悪辣非道な奴らが愚かにも、日本人人質を殺害し、後藤氏の交渉条件に巻き込む形で、ヨルダン空軍パイロットをも殺害した。
まずここに、三人の御霊が安らかにと祈るとともに、神様の御許にお導きがあらんことをお祈り申し上げる。

1月24日に湯川遥菜氏を斬首し、遺体の上に首だけを載せた画像を後藤健二氏に持たせ、後藤氏によって、悪辣非道な奴らが変更した要求と湯川氏を殺害したことを公表させた。
その後、2回にわたり、後藤氏に奴ら要求を代読させた動画が動画サイトにアップされ、一気に解決機運が高まった。しかし、30日以降、奴らは何の動きを見せないまま、31日に悪辣非道な奴らは湯川氏と同じ手法で、後藤氏を斬首することによって、殺してしまった。
これは、日本政府が原因で殺されてしまったのであろうか?全く違う。奴らが日本人を勝手に拘束し、安倍首相の人道的支援表明に勝手に「有志連合に加担した」と判断し、日本が奴らを攻撃できる能力がないことをいいことに脅し、交渉する気もないくせに、交渉するふりをして、残忍な殺しを行ったのである。
しかも、後に判明したことは湯川氏を殺害後に要求してきたヨルダン当局に拘束されている死刑囚の女を解放することを条件に突きつけてきた。ヨルダン当局は、自国のパイロットの生存が確認されることが絶対条件とし、悪辣非道な奴らに安否情報を開示せよと迫ったが、奴らは沈黙したまま、何のアクションも起こさなかった。
いや、起こせなかったのであろう。それはすでにパイロットをカードに使っていたが、その当のパイロットは、もっとも残忍な手法によって、殺され、その遺体を重機で潰すと言う宗教人であれば、やることが考えられない殺し方や遺体の扱い方をしたのである。そして、奴らは自らが交渉のテーブルに着こうとしないくせに勝手に期限が来たと言って、後藤さんを殺した・・・・・。
神が悪辣非道な奴らの一連の行為をお許しになるとでも思っているのか。許すことは決してあり得ない。それこそ、神の逆鱗に触れ、火の池に投げ込まれることがもっとも早いのは奴らであると言えよう。
正しい信仰を持つモスリムの方々には、クルアーンの第23章に記載されている通り、悪辣非道な奴らとは別に神が正しい信仰を持つ方々とともにおられる。日本はその方々とともに、神とともにいますモスリムの方々と奴らを分け、悪辣非道な奴らに神の裁きを受けさせなくてはならない。
なぜなら、この章には、善とアッラーに対する信仰とによって,悪を追い払わなければならぬ。という内容で書かれているのである。つまり、唯一の神を信じ、神のみ言葉だけを信じ、信仰を持って正しい道を歩まなくてはならないからであり、それを行っていないのは悪辣非道な奴らであることは明白だからである。
正しい道を歩みながらも、生活に困窮するモスリムやその地域を日本はサポートしなくてはならない。モスリムの方々が神のご加護の元、幸せに暮らせるように日本は生活インフラの整備をするお手伝いをさせていただくことで、宗教的には受け入れられなくとも、モスリムの方々の友にさせていただくことは可能なのである。

悪辣非道な奴らや日本の一部の人間から、日本政府責任論が出ている。それは正しいことなのだろうか。また、殺されたお二方に対する自己責任論もある。これも正しいのであろうか。どちらも間違いであるとはっきりと言える。
最初に殺された湯川氏は自身の行動に軽率な所もあったのかもしれないが、拘束されない努力をしていなかったわけではないだろう。たまたま、不幸にして、いろんな要因が重なり拘束されてしまったのであろう。そして、後藤氏は勇敢にも「自らの責任で行くから、シリアの人々を責めるな。」と、言い残し、悪辣非道な奴らが支配する地域に趣き、湯川氏を解放してもらおうと交渉したが、結果として拘束されてしまった。
お二方の来歴に関して、批判する向きがあるが、お門違いもいいところである。後藤氏は「必ず、生きて戻る」とも言い残していたが、その言い残した通りの結果にならなかったことは非常に痛恨の極みである。日本政府はその持てる能力を使って、今までの政権の中では良くやった方かもしれないが、生きて日本に連れ帰ることができなかったことはその結果を批判されても仕方がないかもしれない・・・。
また、政府は何もしていなかったとか、人質を取られていること知りながら、のうのうと総選挙を行ったと言う批判がある。この事件が発覚するまでと発覚してからの対応は分けて精査する必要がある。理由は簡単である。人質になった段階では、犯人の要求が何なのかも分からないだけでなく、犯人がどこの誰かも分からない状態であるから、まず、情報収集から始めて、明確になった段階で次の一手を検討する手順になっていたはずである。
また、発覚後も打つ手が非常に限られている中で、全力を持って、現地や周辺国と日本国内と連携しながら、考えられる最善を尽くしたと思う。後藤氏の母親が記者会見した席で、自称「イスラム学者」と名乗る人物が記者会見し、「私であれば、悪辣非道な奴らと交渉することができる。」と言っていたが、その人物は、北大生とともに渡航し、悪辣非道な奴らにこの学生を紹介し、奴らの戦闘員にしようとしていた事件の張本人である。
また、イスラムに詳しいというジャーナリストT氏は日本政府を常に批判していた。この二人は、悪辣非道な奴らの仲間であるかもしれないのである。そのような人物に信頼して、交渉を任せられるとでも、思うのであろうか。あり得ないことである。
これらの人物が仲間であるという証拠と思しき画像が検索をすれば、すぐに見つかる。見たい人はご自身の責任で。
我々が非難すべきは日本政府や殺されてしまったお二方ではない。悪辣非道な「イスラム国」を自称する奴らである。報道に惑わされてはならない。奴らを「イスラム教スンニ派過激派組織」としているが、日本で住んでおられるモスリムの方々は、悪辣非道な奴らはイスラム教徒は違うと明言している。そのことをしっかりと認識すべきである。

その上で、我々、日本を含めた国際社会はこれから、この悪辣非道な奴らを生みだしてしまう構造を少なくしていく必要がある。社会の闇ではそれを許さないかもしれないが、そんなことは関係ない。
我々日本は、先進国の中で唯一、キリスト教をベースにした国ではない。それは、日本には古来より、神道や仏教が存在し、とりわけ、他国の文化から制度に至るまで、導入し、日本流にアレンジを加え、日本社会に組み入れて、構築してきたのである。
つまり、日本だけが、イスラム社会に対して、イスラム流の国家像や社会システムを作るお手伝いができる可能性があるのである。今、イスラム教を国教としている国家は数多く、存在する。
だが、それらの国々は、君主制の国が多く。絶対君主制を敷く国が多い。イランやインドネシアのように共和制の国は少ない。イランはイスラム社会の中で、もっとも、進んだ共和制の国かもしれないが、まだまだ、改善する余地はある。
イスラム国家の多くは、イスラム教が政治と強く結び付いて、シャリーアと呼ばれるイスラム法を運用し、統治しているが、現代の西洋諸国からは、理解できない人権の蹂躙が存在することも明らかである。
そこで、イスラムの国々をさらに発展、秩序の安定を図るには、インフラ整備も必要であるが、社会システムの近代化もしていただかなくては、第2第3のアルカイダを生み出し、新たな悪辣非道な奴らを生みだしてしまう可能性が高いままになってしまう。
法体系も含めた社会システムを近代化することで、人々の意識も変わり、暴力や暴徒になることで社会に抗議することが愚かであると思えるように意識を高めていただかなくては、テロの温床になってもらっても困るからである。
イスラム法を基礎とした社会をより近代的に発展させていくためにも、イスラム国家の中で今も、イスラムの教えを説く指導者や伝道師に日本に来てもらい、勉強してもらうことから始めるのはどうだろうか。
日本が江戸時代の近代以前の国家から、今の日本国に至るまでの紆余曲折はあるものの、実体験している国として、お手伝いできるはずである。モスリムの方々が豊かで幸せに暮らす将来が見えれば、モスリムの方々といます神はそれこそ、お喜びになるはずである。
そうなれば、日本もさらに幸せになることができるはずである。今から、中東政策の根幹を練り直し、今すぐ、実施せよ。


「イスラム国」を非難 宗教者組織WCRP日本委員会が声明
http://www.sankei.com/west/news/150206/wst1502060093-n1.html
Category : 心のコラム, 政治コラム, 海外コラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]