Calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
Recent Trackbacks
« 2013年12月 | Main | 2014年2月 »
関西の巨星発つ。
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
小室哲哉、たかじんさん訃報に「あと、ちょっとだったのに」 再タッグかなわず無念
http://www.cinematoday.jp/page/N0059459


 音楽プロデューサーの小室哲哉が、3日に心不全のため死去した歌手・タレントのやしきたかじんさんを追悼した。小室は、やしきさんが2010年11月にリリースした生前最後のシングル「その時の空」(作詞:秋元康)を作曲。すでに新曲もできていたといい、「あと、ちょっとだったのに」と無念をつづった。
 小室は8日未明にツイッターを更新すると、「あと、ちょっとだったのに。新曲も秋元さんとの作詞、作曲であとは歌入れだけだったのに。二曲目のために僕ひとりの目の前でMY WAYをアカペラでほろ酔いでも、参考にしてや、と歌ってくれた。短いけれど濃いお付き合いでした。たかじんのマイウェイを創ってくれと。残念です」とやしきさんとの思い出を振り返った。
 続けて、小室は「その時の空」に触れて、「あのビデオクリップがあまりにもラストぽく見えてしまいます」「雰囲気を創るため、北海道で歌入れしたんじゃないかな 広い空を感じたかったのでしょうか」と故人をしのんだ。
 小室が作曲した「その時の空」は、やしきさんが2010年に発売したシングル。2003年に発売された「My memory」以来となる7年ぶりの新曲、さらには秋元康と小室哲哉のタッグ作ということで話題になった。(編集部・福田麗)

続きを読む >>
Category : 社会コラム, 芸能情報コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]