Calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
Recent Trackbacks
« 2012年1月 | Main | 2012年3月 »
過去にもしもと言う言葉は通じないが、もし、菅直人でなかったら・・・・と今も思う。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
パニックと極度の情報錯綜 「やめた方がいいですよ」 枝野氏は菅首相にダメ出していたが…
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120228/plc12022800190001-n1.htm


 福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)の報告書から浮かび上がるのは、「パニックと極度の情報錯綜(さくそう)」(報告書)に陥り、「テンパッた」(同)状況となった当時の菅直人首相や官邸中枢が、現場に無用な混乱を招き、事故の危険性を高めた実態だ。調査の結果、菅氏による「人災」が証明されたといえる。
 「厳しい環境の中でやるべきことはやった。一定の達成感を感じている」
 菅氏は昨年8月の首相退陣表明の記者会見でこう自賛した。だが、報告書が指摘するのはむしろ、やるべきでないことばかり繰り返した菅氏の姿だ。
 報告書によると菅氏が東日本大震災発生翌日の3月12日早朝、東京電力福島第1原発を視察することに、当初は枝野幸男官房長官(当時)も海江田万里経済産業相(同)も福山哲郎官房副長官(同)も反対だった。
 ところが、「言い出したら聞かない」(報告書)菅氏は視察を強行する。視察に同行した班目春樹原子力安全委員長は現地に向かうヘリ機中で種々の懸念を説明しようとしたが、菅氏は「俺は基本的なことは分かっている。俺の質問にだけ答えろ」と聞く耳を持とうとしなかった。
 また、菅氏は第1原発に代替バッテリーが必要と判明した際には、自分の携帯電話で担当者に「大きさは」「縦横何メートル」「重さは」などと質問し、熱心にメモをとっていた。同席者は「首相がそんな細かいことまで聞くというのは、国としてどうなのかとぞっとした」と述べたという。
 菅氏が官僚機構に不信を抱き、セカンドオピニオンを求めるために3月中に次々と6人もの内閣官房参与を任命したことには、当時からメディアで「船頭多くして船山にのぼる」という批判が強かった。この点について枝野氏は事故調に「常に『やめた方がいいですよ』と止めていました」と証言した。官邸中枢スタッフもこう述べている。
 「何の責任も権限もない、専門知識だって疑わしい人たちが密室の中での決定に関与するのは、個人的には問題だと思う」
 菅氏が原発事故の初期段階以降も他の閣僚や事務レベルに適切な権限委譲を行わず、引き続き直接的な関与を続けたことへの批判も指摘されている。
 「(政府と東電の)統合本部の士気を低下させるから、なるべく菅さんが出てこないように言ってほしいと何人かから頼まれた」
 これは官邸スタッフの言葉だ。同様の証言は報告書を待つまでもなく、当時から枚挙にいとまがない。
 報告書は「菅首相の個性が政府全体の危機対応の観点からは混乱や摩擦の原因ともなったとの見方もある」と指摘する。ただ、これは「前首相」に一定の配慮を示した控えめの表現だろう。(阿比留瑠比)

続きを読む >>
Category : 政治コラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
リハビリが必要というのなら、国会議員を辞めよ。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
民主はリハビリ必要=鳩山元首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012022500273


民主党の鳩山由紀夫元首相は25日、都内で開かれた同党の山口和之衆院議員のパーティーであいさつし、山口氏がリハビリの専門職、理学療法士出身であることを踏まえ、「人生はリハビリだ。私自身も今、リハビリ中だ」と自らの現状を自虐的に語った。また、「もっとリハビリが必要なのは民主党かもしれない」と強調した。
鳩山氏はこれまで、野田佳彦首相が目指す消費増税に反対する考えを重ねて示しており、リハビリ発言は、野田政権や党執行部に対する不満を改めて示したものだ。 (2012/02/25-19:48)

続きを読む >>
Category : 心のコラム, 政治コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
地方からの圧力は国政がだらしないからである。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
「与野党とも沈みかねない」=橋下市長人気を警戒-岡田氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012022500298


 岡田克也副総理は25日、三重県四日市市内で記者団に、消費増税や衆院選挙制度改革などの与野党協議に関し、「国民から見て物事が前に進んでいる印象を与えないと、結局、与党、野党両方沈みかねない。既成政党に対する批判をもっと真摯(しんし)に受け止めるべきだ」と述べた。
 また、岡田氏は同日の同県鈴鹿市内の講演で「(与野党が)何か足の引っ張り合いをお互いにしているという印象を与えると、国民はだんだん政治から離れる。『与党も野党もひどい』ということになると、『橋下徹(大阪市長)さんがいいんじゃないか』という話になってしまう」と述べ、橋下市長の人気に警戒感を示した。 
 岡田氏の発言は、与野党の対立で何も決まらない政治が続けば、世論の既成政党不信が一層強まり、橋下市長率いる地域政党「大阪維新の会」に期待が高まることを懸念。消費増税や選挙制度改革など、早期に与野党合意を目指すべきだとの考えを示したものだ。(2012/02/25-22:58)

続きを読む >>
Category : 心のコラム, 政治コラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
前政権による急進的な反原発の代償のツケが表れてきた。
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
<関西電力>最終赤字2900億円、過去最悪 3月期連結
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120225k0000e020187000c.html


 関西電力の12年3月期連結決算の最終(当期)損益が2900億円程度の赤字になる見通しであることが25日、分かった。1951年の会社設立以来、過去最悪の赤字幅。定期検査で停止したままの原子力発電所の代替として、火力発電の燃料費がかさんだ。27日にも発表する。
 東京電力福島第1原発事故後、定期検査入りした原発が順次停止。今月20日には関電の全原発が停止したが、「原発の再稼働時期が見通せない」として、年間の業績予想を示していなかった。経済産業省原子力安全・保安院が大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全評価(ストレステスト)を妥当と判断したが、再稼働に必要な地元同意を今年度中に取り付ける見通しは立たず、赤字幅の圧縮は不可能と判断した。役員報酬の減額も検討する。
 火力発電の稼働増によって、昨年4月から12月までの燃料費が5023億円と前年同期の約2倍になった。他電力会社からの電力融通や企業の自家発電設備からの買電も増えたほか、節電要請による販売電力量の低下も収益を悪化させた。
 関電の最終赤字は、会社設立時の52年3月期(10億円の赤字)▽第2次石油危機の80年3月期(187億円の赤字)▽原油高に見舞われた09年3月期(87億円の赤字)の3期だけだった。【横山三加子、南敦子】

続きを読む >>
Category : 心のコラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
一つの区切りがついた。しかし、まだまだ、事件は続く。
心のコラム / KOJI(qtdreamjp)
光市母子殺害事件、最高裁が上告棄却 元少年の死刑確定へ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120220/trl12022015050005-n1.htm


 平成11年の山口県光市母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、20年に広島高裁の差し戻し控訴審判決で死刑とされた元少年(30)の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、元少年側の上告を棄却した。死刑とした広島高裁の差し戻し控訴審判決が確定する。
 上告が棄却されたのは、犯行当時18歳1カ月だった元少年の大月(旧姓福田)孝行被告。事件発生から13年を経て裁判が終結する。
 最高裁が永山則夫元死刑囚の最初の上告審判決で死刑適用基準(永山基準)を示した昭和58年以降、殺害された被害者が2人の事件で、犯行時少年の被告の死刑が確定するのは初めて。最高裁が把握している死刑確定者の中で、最も年齢が低いとみられる。
 同小法廷は、「被害者の尊厳を踏みにじった犯行は冷酷、残虐で非人間的な行為だ。被告は殺害態様などについて不合理な弁解を述べており、真摯な反省の情をうかがえることはできない」と指摘。その上で、「犯行時少年であったことや、更正の可能性もないとはいえないことなど酌むべき事情を十分考慮しても、刑事責任はあまりにも重大」と述べ、死刑判決はやむを得ないとした。
 4人の裁判官のうち3人の多数意見。宮川光治裁判官(弁護士出身)は死刑判決を破棄し、改めて審理を高裁に差し戻すべきだとの意見を付けた。死刑判決での反対意見は極めて異例。
 1審山口地裁、2審広島高裁は、年齢や更正可能性などを理由に無期懲役としたが、最高裁は18年6月、「犯行時の年齢は死刑回避の決定的事情とまではいえない」として、審理を広島高裁に差し戻した。20年4月の差し戻し控訴審は「極刑回避の事情はない」として死刑を言い渡していた。
■おことわり
 産経新聞社は原則として、犯行当時に未成年だった事件は少年法に照らして匿名とし、光市母子殺害事件も被告を匿名で報じてきました。しかし、死刑が事実上確定し、社会復帰などを前提とした更生の機会は失われます。事件の重大性も考慮し、20日の判決から実名に切り替えます。

続きを読む >>
Category : 心のコラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
民間企業の格付けに左右される財政は脆弱ではないのか?
海外コラム / KOJI(qtdreamjp)
伊など欧州6カ国格下げ=英・仏は今後可能性-米ムーディーズ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012021400106


 【ニューヨーク時事】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは13日、イタリアやスペインなど欧州6カ国の国債格付けを引き下げたと発表した。ユーロ圏における財政改革の見通しや危機対応のための財源について不透明感が高まっていることが理由。
 6カ国のうち、イタリアとポルトガル、スロバキア、スロベニア、マルタが1段階、スペインは2段階引き下げられた。また、現在最上級「AAA(トリプルA)」のフランスとオーストリア、英国については、格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」とし、今後の格下げの可能性を示唆した。

続きを読む >>
Category : 海外コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
アラブに春が来るにはまだまだ遠い・・・・・。
海外コラム / KOJI(qtdreamjp)
シリア決議、中ロが再び拒否権=安保理、機能不全を露呈
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012020500017


 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は4日、シリア当局による反政府デモ弾圧に関する会合で、アサド政権に対し人権侵害の即時停止を要求する決議案を採決に付した。全15カ国中13カ国が賛成したが、常任理事国のロシアと中国が拒否権を行使し、同案は廃案となった。シリア情勢が悪化する中、安保理は深刻な機能不全を露呈した。
 ロシアと中国は昨年10月のシリア非難決議案に続いて拒否権を行使した。特にロシアは、今交渉でも内政干渉だとして強硬に反対。決議案を作成した欧州理事国とアラブ諸国は合意形成に見切りをつけ、採決に踏み切った。
 ライス米国連大使は演説で、拒否権行使に「うんざりだ」と不快感を表明。中ロ両国はシリア国民を見放し、暴君を守ろうとしていると批判した。一方、ロシアのチュルキン国連大使は、欧米側はアサド政権の転換を求めていると指摘し、双方の溝の深さがあらわになった。
 ロシアのラブロフ外相は7日にシリアを訪れアサド大統領と会談する予定で、独自外交で危機打開を模索するとみられる。 
続きを読む >>
Category : 海外コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
証拠裁判主義である刑事裁判は堅持されなくてはならない。
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
<JR福知山線脱線>地検が控訴断念陳謝 被害者に説明会
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120205k0000m040090000c.html


 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、無罪が確定したJR西日本の山崎正夫前社長(68)の裁判について、神戸地検が4日、被害者を対象に神戸市内で開いた説明会は約3時間に及んだ。小尾(おび)仁次席検事は控訴を断念した理由を説明し、「判決を覆す材料がない。敗北と言われても仕方がない。期待に応えられず、申し訳ない」などと陳謝し、被害者からは「検察は立証にかなりの自信を持っていたはず」「納得できない」との不満の声が相次いだ。
 説明会は遺族や負傷者ら約40人が出席し、非公開で行われた。出席者によると、小尾次席検事が1人で質疑に応じ、「弁護側の主張を認めざるを得ない。判決に不満は残るが、控訴は断念した」と説明した。また「“黒”と判断する十分な証拠がないと控訴はできない」などと、繰り返し述べたという。
 これに対し、複数の遺族から「企業責任を問えるよう、法改正すべきだ」との意見が出た。地検側は「立法担当者や最高検に皆さんの思いを伝えたい」と答えたという。【生野由佳、渡辺暢】
続きを読む >>
Category : 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]