Calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
Recent Trackbacks
« 2011年5月 | Main | 2011年7月 »
時期が来れば辞めると言った政権が続くことは、「ヤメヤメ詐欺」である。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
菅首相、3次補正に意欲=岡田氏「8月提出、10兆円超も」
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011061800243&j4


 菅直人首相は18日、東日本大震災からの復旧・復興対策に関し「国として必要なことは法律なり予算なり、2次補正、場合によっては3次補正になるかもしれないが、そういうことに対応していきたい」と述べ、2011年度第3次補正予算案を自身の内閣で編成することに意欲を示した。視察先の千葉県浦安市で記者団に語った。
 3次補正に関し、民主党の岡田克也幹事長は三重県四日市市での講演で、今国会の会期延長を念頭に「お盆明けから9月初めにかけて出したい」と表明。規模に関しては「全く決まっていないが、世の中的には10兆円を超えるのではないかと言われている」と指摘した。
 ただ、岡田氏は「2次補正、3次補正と続いていることと、菅さんが辞めることは別問題だ」と、菅首相の下で3次補正を編成することには否定的な見解を示唆。「菅さんは一区切りついたら次にバトンタッチすると言っているので、それがいつになるかは首相が決めることだ」と語った。

続きを読む >>
Category : 政治コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
今の日本を海外で批判する卑怯。
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
村上春樹が東電と「効率社会」批判 スペインでのスピーチ内容に賛否両論
http://www.j-cast.com/2011/06/11098170.html


世界的作家の村上春樹さんが2011年6月9日(現地時間)、スペインのカタルーニャ国際賞授賞式でスピーチした。大震災で原発事故を起した東電を批判し、効率を求めてきた社会に疑問を投げかけた。ネット上では、賛否両方の意見が寄せられている。
グレーのジャケットをまとった村上さんは約22分間、よく通る低い声で身振り手振りをまじえながら日本語で話した。

■「核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった」
スピーチの話題は必然的に、3月11日に東日本を襲った大地震のことに及んだ。村上さんは「大地震で日本人は激しいショックを受けたが、結局は復興に向けて立ち上がっていくだろう。壊れた家屋は建て直せるが、倫理や規範は簡単に元通りにはできません」などと指摘した。
その矛先は、原発事故を起した東京電力に向かう。原発事故による悲惨な結果を招いたのは、建設した者が津波を予想していなかったことなどを挙げたうえで、「何百年かに一度あるかないかという大津波のために、大金を投資するのは、営利企業の歓迎するところではなかったから」「政府も、原子力政策を推し進めるために、その安全基準のレベルを下げていた節が見受けられます」などと批判した。
ただし、こうした「歪んだ構造」を「許してきた」、「黙認してきた」国民にも責任があり、加害者であると表現した。広島に落とされた原子爆弾を引き合いに、「核」への拒否感が揺らいだのは「効率」ではないかと持論を展開。「我々日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった。それが僕の意見です」「『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬たちに追いつかせてはなりません。我々は力強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならない」などと述べた。

■「僕らは簡単に『効率』を捨てることができるのだろうか」
スピーチの様子は、テレビ朝日がwebサイトで動画を掲載しているほか、毎日新聞がweb版でスピーチ全文を掲載し、ネット上で注目を集めた。2011年6月11日16時現在、毎日新聞の記事は、異例とも言える1万回以上がツイートされているほどだ。
スピーチの内容に対して、賛否の意見が寄せられている。肯定的な意見は「原発反対について、きちんとメディアで話すことは、責任も生じるかもしれないが、やっぱり必要なことだと思う」「脱原発を望む人たちが感じていることを村上節に翻訳してスピーチしてくれた気がする」「しっくり来た。あと自分自身にも非難の目を向けるって視点は意外と見過ごされてるから」「村上さんが本当に言いたいことは『効率』でなにもかもを語ってしまうことの愚かしさなんじゃないか」といったものだ。
一方で、批判的な意見や疑問も少なくない。「『効率』だけを求めて生きてきたから、このような事故を引き起こしてしまったんだろうか。たとえそうであっても僕らは簡単に『効率』を捨てることができるのだろうか」「彼自身が被災地にいたのなら、もっと違う角度で切り込みが出来ただろうに残念」「そんなに発言力があるのに反原発を叫ばなかったの?」「(想定の有無や効率よりも、東電の)事後の対応のまずさも大きいのでは」「外国で言わずに日本のマスコミの前で言ってください。インタビューを生中継で受けてその場で話して下さい」などだ。

■2009年にはイスラエルでのスピーチが物議
村上さんはメディアへの露出の少ない作家だが、2009年2月にはイスラエルで行われたエルサレム賞の受賞式でスピーチし、話題を集めた。当時、ガザの騒乱でイスラエル政府が非難されている中で、出席すべきではない、との批判もあった。
スピーチの中で村上さんは「もしここに硬い大きな壁があり、そこにぶつかって割れる卵があったとしたら、私は常に卵の側に立つ」と言い、個人と社会のあり方を「卵」と「壁」にたとえた。
このスピーチは欧米マスコミから、イスラエル政府のガザ攻撃を非難したものだという受け止めが出るなど、世界的な注目を集めた。

続きを読む >>
Category : 社会コラム | Comments [1] | Trackbacks [0]
震災の復興は今すぐ、次期政権で行え。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
現場の話を2次補正に…首相、早期退陣論けん制
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110611-OYT1T00736.htm


菅首相は11日、岩手県釜石市で開かれた東日本大震災に関する意見交換会に出席し、7月中の提出を目指している2011年度第2次補正予算案について、「現場の話を聞くだけでなく、聞いた中身を次の2次補正を含む政府の対策にしっかりと盛り込みたい」と述べ、補正予算案の編成と自らの続投に改めて意欲を示した。
しかし、民主党が今週後半にも開く、4月の統一地方選敗北などを総括するための両院議員総会では、首相退陣論が噴出するのは必至で、首相進退のヤマ場となる可能性もある。
首相は意見交換会後、記者団に対し、「本当に必要な予算がどういうものかを聞かせてもらった。1次補正に盛り込みきれていないので、しっかりと2次補正に盛り込んで、できるだけ早く手当てをしたい」と強調した。
首相の発言は、仙谷由人官房副長官が同日午前、首相の早期退陣を促すなど、早期退陣論が強まっていることをけん制する狙いもあるとみられる。

続きを読む >>
Category : 政治コラム | Comments [2] | Trackbacks [0]
首相公選制もよいシステムとも言えない。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
橋下知事「やはり公選制」 知事会長も苦言
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110603/lcl11060309380000-n1.htm


 内閣不信任案の否決を受け、大阪府の橋下徹知事は2日、兵庫県西宮市内で開催された近畿ブロック知事会の終了後、記者団に「日本では、議院内閣制は無理。一番重要な、自分たちのリーダーを選ぶ権利を国会議員に委ねるということは、もう日本では成り立たないことは、はっきりしている」と改めて首相公選制の必要性を強調した。
 さらに「国民が本当にどう思っているのか、国会議員には、よく分かってもらいたい」と、政争に明け暮れる中央政界に注文をつけた。
 また、全国知事会の会長を務める京都府の山田啓二知事も「東日本大震災の復興や支援をめぐり、全国知事会は、国と地方の協議の場をすぐに開催するよう求めている。政局の中で遅れることは、国民にとって大きな打撃になる。そういうことがないようにしてほしい」と述べ、国会の動きに苦言を呈した。

続きを読む >>
Category : 政治コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
日本の国難は今もなお続く、管政権が続く限り、日本は弱体化する。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
櫻井よしこ氏「現在の状況は政治的災害」 「正論」洲本講演会
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110602/stt11060219470028-n1.htm


 全国縦断「正論」洲本講演会(産経新聞社、月刊「正論」など主催)が2日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで開かれ、第26回「正論大賞」を受賞したジャーナリストの櫻井よしこ氏が「日本人の神髄を示せ」と題して講演した。櫻井氏は、内閣不信任決議案が否決されたことに関し「菅直人首相は一段落したら辞めると言っているが、このまま任期を全うする可能性もある」と指摘した。
 東日本大震災後の政府の対応については「政権が存在していないようなほど政府は何もしておらず、復興はまったく進んでいない」と批判した上で、「現在の状況は政治的災害。政権を変えなければいけない」と訴えた。
 また、「もう一度、日本がまっとうな国家になるためには憲法改正が必要。大東亜戦争が単なる侵略戦争ではなかったということなど、家庭や社会でしっかりとした歴史教育をやっていく必要がある」と話した

続きを読む >>
Category : 政治コラム | Comments [1] | Trackbacks [0]