Calender
2020年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
Recent Trackbacks
« 2011年4月 | Main | 2011年6月 »
災害時における有事法制の整備と体制づくりが必要である。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
極限の行政:東日本大震災 関西広域連合 「押しかけ支援」力発揮
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110524ddm002040058000c.html


 ◇要請待たず現地へ 率先しニーズ把握
 大津波で役場ごと流された宮城県南三陸町。仮庁舎の建つ高台の総合体育館「ベイサイドアリーナ」を、オレンジ色のジャケットを着た女性たちが行き交う。背中には「兵庫県 保健師」の大きな白いプリント文字。「関西広域連合」の支援隊として阪神大震災の被災地、兵庫県から派遣された保健師たちだ。
 その一人、田中智美さん(38)は、避難所からの2次避難で町内のホテルに移った町民の健康管理について、同町の保健師、佐藤奈央子さん(40)と話し合っていた。佐藤さんが「場所が変わると体調を崩すかもしれないから一人一人回った方がいいかな」と尋ねると、田中さんは「部屋ごとに表札を付けてもらうと回りやすくなりますよ」とアドバイス。佐藤さんは「震災経験がある兵庫県が即座に入って道しるべとなってくれた」と語る。
 同町では約240人いた職員のうち36人が死亡または行方不明となっている。応援職員の派遣は被災自治体の要請を受け都道府県や総務省が市長会や町村会と調整するが、震災直後の役場は避難所運営にかかり切り。遠藤健治副町長は「総務も人事もないような組織の状況で、何をやらなきゃいけないかも分からないときにドンドン人を送られても混乱するだけだ」。佐藤徳憲総務課長も「『欲しい人材は?』とか『何人必要か?』と聞かれても答えようがなかった」と振り返る。
 そこへ半ば押しかけるような形で支援隊を派遣したのが関西広域連合だ。大阪府など2府5県が国の権限移譲の受け皿になろうと、防災や医療、産業振興などで連携するため昨年12月に発足させた特別地方公共団体。震災2日後の3月13日、連合長の井戸敏三兵庫県知事らは神戸市の兵庫県災害対策センターに緊急参集し、直ちに岩手、宮城、福島の3県に対し、それぞれ担当する府県を固定する「カウンターパート方式」で支援することを決めた。
 宮城県の担当となった兵庫、徳島、鳥取の3県は、派遣先の重荷にならないよう独自に被災現場のニーズを分析し、被害の大きい南三陸町と石巻市、気仙沼市に3月23日から現地支援本部を設置した。3県と県内市町村から避難所の運営ノウハウを持つ職員や建物の危険度判定士、保健師ら30~40人を10日交代で南三陸町に送る態勢を整えた。
 佐藤仁町長の携帯電話に、ある日、井戸知事から直接連絡が入った。「現場からの報告を聞いていると、南三陸では保健師が足りないようだから、増派しますよ」。最初は戸惑い気味だった町長は「これはすごい」と感心したという。関西広域連合の村田昌彦防災課長(兵庫県職員)は「阪神大震災の教訓から『待ち』の姿勢ではダメだと分かっていた。行政機能がひっくり返り、何がどれぐらい必要かさえ分からない状態。カウンターパート方式なら信頼感が生まれるし、集中して迅速な支援ができる」と説明する。
 被災者に寄り添って活動する姿勢が受け入れられ、関西広域連合は今、南三陸町の災害対策本部会議の正式メンバーになっている。「関西広域連合のような支援の仕組みを広めるべきだ」と佐藤町長。そしてこう加えた。「でも国がやってもスピード感が出ないから、やめた方がいい。九州、東北と小分けに作り、機動力ある支援の形を作っていくべきだ」【横田愛】

続きを読む >>
Category : 政治コラム, 社会コラム | Comments [1] | Trackbacks [0]
精神的に未熟な者が親が子を作る不幸
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
父親の説明、傷と食い違い 大阪府警、変死の男児鑑定
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201105160059.html


大阪市住之江区で生後3カ月の阿部颯(はやて)ちゃんが死亡し、颯ちゃんへの傷害容疑で両親が逮捕された事件で、父親の阿部裕之容疑者(21)らが説明する颯ちゃんのけがの状況と大阪府警の鑑定結果とが大きく食い違っていたことが捜査関係者への取材でわかった。
捜査1課によると、颯ちゃんは昨年10月に生まれ、骨折などで同11月30日に入院。同12月10日に退院したが、翌日に呼吸停止状態で救急搬送され、今年1月17日に死亡した。死因は肺が傷つき、呼吸困難になる「急性呼吸促迫症候群」だった。
捜査関係者によると、昨年11月末に入院した際、裕之容疑者と妻の智代美容疑者(34)は病院に「知人との飲み会で子どもに足を踏まれてけがをした」と説明したが、鑑定の結果、大きな力を加えて足の関節を逆方向に曲げるようなけがだったことがわかった。鑑定医は「踏まれたことで、両足が同時にこのような負傷をする可能性は低い」と判断したという。
また、颯ちゃんの頭部には急性硬膜下血腫の痕が見つかった。裕之容疑者は調べに対し「あやすために揺さぶった」と話したが、何かで頭をたたかれたり、前後に激しく揺さぶられたりしたときにできた傷の可能性が高いという。
さらに、生まれた直後には、颯ちゃんは胸や腕の骨が折れるけがもしていたが、これらの傷についても裕之容疑者らの説明が不自然だという。府警は、裕之容疑者が颯ちゃんが生まれた直後から継続的に暴行を加えていたとみて、傷害容疑での逮捕に踏み切った。
また、智代美容疑者は颯ちゃんを診察した病院の看護師に「夫が子どもに嫉妬している」と話していたという。府警は、裕之容疑者の颯ちゃんへの暴行を認識していた疑いが強いとみている。

■颯ちゃんの死亡に至る経緯(大阪府警調べ)

2010年
11月初め 大阪市の1カ月健診で上腕骨折(全治2週間)が判明
同30日 病院での検査で両足骨折(同2週間)が判明し、入院
12月10日 退院
同11日 呼吸停止状態で救急搬送。入院後の検査で急性硬膜下血腫(同3~6カ月)の痕と肋骨(ろっこつ)骨折(同3カ月)などが判明。病院が府警に通報

2011年
1月17日 死亡。司法解剖の結果、死因は「急性呼吸促迫症候群」

続きを読む >>
Category : 心のコラム, 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
思いつくまま、公言することは害以外の何物でもない。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
政府、ハーグ条約加盟へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110512/plc11051218590011-n1.htm


 政府は12日、国際結婚における親権問題のルールを定めた「ハーグ条約」について、加盟を前提に国内法の整備などを進める方針を決めた。今月下旬にフランスで開催される主要国(G8)首脳会議(ドービル・サミット)で、菅直人首相が日本の方針を表明することで最終調整している。
 同条約は、片方の親が承諾無しに子供を国外へ連れ去った際、元の居住国に戻して、子供の扱いを協議することなどを定めている。
 国際離婚の増加に伴い、日本人の母親が外国人の夫に無断で外国籍の子供を日本へ連れ帰るケースが表面化し、欧米諸国などから加入を求められていた。
 民主党は12日夕、拡大政調役員会を開き、虐待される恐れがある子供の引き渡しを拒否できることなどを条件に法案策定していくことを了承した。

続きを読む >>
Category : 政治コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
いくら、働き手がないからと言って、虚偽の契約はいけない。
社会コラム / KOJI(qtdreamjp)
求人と相違、福島原発で作業=大阪・西成の男性労働者―「元請けが管理」と業者
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2011050900315


 日雇い労働者が集まる大阪市西成区のあいりん地区で、無料の職業紹介をしている財団法人「西成労働福祉センター」を通じ、宮城県で運転手として働く条件の求人に応募した60代の男性から、「福島第1原発で働かされた」との相談が同センターに寄せられたことが9日、分かった。
 センターによると、岐阜県大垣市の建設業者から3月17日に受け付けた求人は「宮城県女川町、10トンダンプ運転手」との内容で、男性は同19日に応募、採用された。しかし実際には、タンクローリーで福島第1原発へ水を運んだり、敷地内で防護服を着て5、6号機への注水関連作業に従事したりしていた。
 センターに対し、業者は事実関係を認め「現場は元請けが管理しており、経緯は分からない」と説明。同じ求人では、ほかに1人の応募があり、福島原発近くで作業したという。

続きを読む >>
Category : 社会コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
「TOMODACHI作戦」に見る米軍の貢献度と憲法改正の是非。
政治コラム / KOJI(qtdreamjp)
支援謝意の防衛相に米側「普天間の存在大きい」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110507-OYT1T00666.htm



 北沢防衛相は7日、沖縄県の米軍キャンプ瑞慶覧で在沖縄米4軍トップのケネス・グラック調整官(海兵隊中将)と会談し、東日本大震災に対する米軍の被災地支援「TOMODACHI(トモダチ)作戦」に謝意を伝えた。
 北沢氏は「貢献に感謝する。米軍の行動は日本国民の心を高揚させた」と強調した。グラック氏は「隣人として貢献できたことは、格別だった。自衛隊とともに活動でき、一つのチームワークを示した」と日米の連携を評価した。その上で「災害に対応できたのは、(海兵隊の)普天間飛行場の存在が大きかった」と述べ、沖縄に駐留する海兵隊の有効性を強調した。
 一方、北沢氏は同日に会談した同県の仲井真弘多知事から沖縄駐留米軍兵士らによる事件や事故の防止を要望されたことを伝えた。グラック氏は「いろいろな訓練、教育の場を通じて隊員を指導して(防止の)徹底を図っていく」と応じた。

続きを読む >>
Category : 政治コラム, 海外コラム | Comments [0] | Trackbacks [0]
相変わらず、日本を敵視している国が何を言うのか。
海外コラム / KOJI(qtdreamjp)
「支援したのに制裁延長」=日本政府を批判-北朝鮮研究員
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011050700185&rel=my


【ソウル時事】北朝鮮外務省日本課の魯正秀研究員は7日までに、平壌を訪問した浅野健一同志社大教授とのインタビューに応じた。浅野教授によると、魯氏は、北朝鮮が東日本大震災を受けて10万ドル(約800万円)の見舞金を送った後、日本政府が対北朝鮮制裁措置の1年間延長を決定した点を挙げ、「(北)朝鮮に対する敵視政策が骨の髄まで染み込んでいる」と批判、「敵視政策」の即時撤回を求めた。
魯氏はまた、核問題の6カ国協議や南北会談について、「前提条件なしに対座して、討議する意思がある」と強調。一方で、米韓が北朝鮮に対し、会談開催の前に非核化への誠実な姿勢を示すよう求めていることには、「同時行動原則に反し、通じない」と述べ、応じない考えを示した。

続きを読む >>
Category : 海外コラム | Comments [1] | Trackbacks [0]